つづら箱

日々感じたこと、思いなどを形にとらわれず、自由に書いてます

夢の中の夢

夢の中で、夢を追いかけて、一生懸命頑張って、何度もくじけそうになり、それでも、また頑張ってきたけれど、なかなか夢にとどかない。
悔しさと、自分の力のなさに、嘆き悲しみ、泣いていると、どこから現れたのか、バグがやってきて、私の夢を、パクっと食べてしまった。
あっけにとられて、ぼーぜんとしていると、バグは、「お腹が空いていて、目の前に、美味しそうな夢があったから、つい、食べちゃった」とニッコリ。
「そのかわり、これをあげる。これはね、あなたの心に蒔く花の種。この種を心に蒔くとあなたの花が咲いて、あなたを輝かせてくれるんだ・・・だから、そんな顔してないで、
大丈夫だよ。
今までの努力は、全て心の栄養になっている・・・
だからこそ、あなたの花は努力して頑張った分、きれいに咲いて、あなたを輝かせてくれるんだ。
他にはない、あなただけの花・・・咲かせよう・・・」と言うと、バクはどこかに消えていった。


はっと、目がさめると、なぜか私はボタンを握っていた・・・
よく考えると、夕べ遅く、息子にシャツのボタンを付けてと頼まれて、付けようと思いながら、そのまま寝てしまったのでした。
苦笑。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。